わきが手術はどんなことをする

中〜重度のわきがの場合、手術をしないと治らないケースもあるのです。一般的に使用されるのは剪除法という手術です。

剪除法はわきが手術で最も多く使用されているので、手術が必要になった場合に勧められることが多いです。この手術でアポクリン腺(本来はフェロモンや個体識別のためのニオイを出していたそうです)と呼ばれるわきがの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を取り除く事ができるはずです。

脇下を数センチ切開した後、皮膚をひっくり返します。これにより、肉眼でアポクリン腺を確認し、丁寧に専用のハサミで取り除けば、わきが解消するという訳ですね。
ただし、利用する病院によって手術方法は異なります。

カミソリとローラーがついた特殊な器具を使い、アポクリン腺を除去する皮下組織削除法を行う病院もあるものです。

この手術はキズ口が小さく済むというメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)がある一方で、医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の技術力が求められるという問題点があります。

どちらにしろ、100%安全な手術と言うのは存在しないので、わきが手術を受ける場合はくれぐれも病院選びに注意してくださいね。